私のレシピ・ブックも兼ねた食事日記。気分はドクター・中松。でも最近はただの親バカ日記になりつつあるという噂。


by junkiexxxmt
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本から持ってきたもの、それはカレー。
そして、いつも日本から持ってくるのを忘れるもの、それはラッキョウと福神漬け。

今回は弟に乗せて貰って、帰国前に大買出しを敢行したので、ほとんど忘れ物をすることなく日本を後にすることが出来ました。
a0065618_1655799.jpg


ああ、幸せのカレー。
今夜はチキンカレーです。
a0065618_1656162.jpg


アメリカで買うと、小さなカレールーの箱が日本の大きいカレールーの倍の値段。
恐ろしい話です。

そうそう、このカレーに必要不可欠な米ですがね、
アメリカの米の袋には、洗うと栄養分が損なわれるので洗うなと書いてあるんですよ。

最初は袋の記載通り、洗わずに使っていたのですが、独特の匂いが嫌で嫌で、日本から持ってきた漬物とも全く合わない味なので、ためしに洗ってみたところ、匂いの無い美味しい米になりました。

アメリカで米をたくときは、袋の注意書き通りに作るのはやめましょう。
あ、でも米1カップにつき水2カップという分量は必ず守ってね。

アメリカの米の炊き方は、洗わない米1カップにつき水2カップを加え、鍋に入れて加熱。煮立ったら弱火にして15分位煮る。

ですが、ちゃんと洗って30分以上水に漬けてから炊く日本のやり方が一番美味しい。
洗わないと臭いし、長粒種でも粘ります。
それと、袋には書いてませんが、水に漬けてから炊かないと水っぽいご飯になります。
アメリカ人は水っぽいビチャビチャご飯を食べていますが、あれは日本人には不向き、というか食べたくないシロモノです。
a0065618_16544383.jpg

うちは2cup(480cc)の米に、水4cup(960cc)を加え、耐熱ガラスの蓋付きの耐熱容器?に入れて↑、電子レンジのHIモードで26分加熱しています。
ジャポニカは1.5cupに2cupの水ですが、ストーブトップ以外で作ったコトが無いのでわかりません。
加熱したら日本のご飯と同じように、5分くらい蒸らしてからサクっと全体を混ぜると美味しいご飯の出来上がり。

鍋、二つ並んでますが、奥は大人用の辛口カレー。
手前の小さい鍋はユンツ用の子供カレー。
バナナが少し入っていて、鶏肉も骨からはずしてほぐしてあります。
[PR]
by junkiexxxmt | 2007-08-27 20:52 | 出来事・考え事
毎日の食事を難なく用意するには、かなり沢山の食材が必要なのだと実感。
今日も少ない野菜でどう夕飯を用意するかでかなり悩みまくり。

うちの旦那が料理する人でなくてよかった。
冷凍庫のピザやマッシュポテト等、焼けばすぐ食べられる冷凍食品は全滅だったけど、冷凍野菜や缶詰等、そのままでは食べられないものは全てそのまんま。
お蔭様で缶詰と今日も夕飯にありつけました♪
a0065618_16473758.jpg

ツナ・ヘルパー(牛乳とツナを加えるとマカロニグラタンみたいなものが出来る)を調理して耐熱皿に入れ、ブロッコリとちぇだーチーズをのせて焼いたグラタンと、コーン・マフィン・ミックスで出来上がり。
a0065618_16475220.jpg


味噌汁はもちろん乾物。
昨日はワカメ、今日はフノリ。
乾物万歳!

それから、昨日買ってきたスイカ。
アメリカで美味しいスイカを食べたのって2度しかないけど、今日のはかなり甘くて美味しい。
なるほど、地元産、完熟してから収穫されたスイカ様。
a0065618_1648655.jpg

8月末だっていうのに、今頃食べ時とは‥
[PR]
by junkiexxxmt | 2007-08-24 20:40 | 本日の御飯・時々レシピ
久々に、半年ぶりに帰った我が家の冷蔵庫にろくな材料があるわけもなく。
とりあえず買いだしに行き、新鮮そうな野菜を手に入れて、あとは冷凍庫に保存されていた肉を、同じく冷蔵庫に入れっぱなしになってたバーベキューソースに漬け込んで焼いた寂しい食卓。味噌汁の具は乾物。
保存性の高い乾物万歳!
a0065618_1636966.jpg
ひとつうれしいのは梅干を日本から持ってきたことかな。

半年振りのアメリカのスーパーマーケットには、軽く衝撃。
衝撃ともチョット違うな。

軽い眩暈?またコレかよ、っていう落胆?

日本の実家の近所には、農家の人達が商店街の人達と協力して経営しているスーパーがあって、毎日そこから新鮮な野菜を市価の半分以下で購入していた私。
時々弟の車で遠出して、道の駅なんかで野菜を買ったり、優雅な生活だったな、今思えば。
全く痛んでいない、朝採ったばかりのツヤツヤの野菜が、生産者の名前入りで並んでいる売り場に半年も親しんだ私には、シナシナの野菜が時々シャワーを浴びせられながら並んでいる売り場は非常に汚らしいカンジ。

「お!安い!」と思うと大抵痛んでる。
キャベツもブロッコリもカリフラワーも、腐ったところをナイフでえぐって再び売り場へ。
果物だと傷の部分が傷んできてたり、プヨプヨだったり。
マッシュルームは茶色くなってカサが開いてる。

野菜を買おうと思ったらまず手触りを確かめ、切り口の具合、色艶、ヘタにカビが生えてないかを丹念に確認。
パックに入ったものは裏返して、皮の表面のシワやカビの有無を確認。
袋入りのものは、外側から触って腐ってフヨフヨしてないか、芽が出たりつぶれたりしてないか確かめてから購入。

買い物にえらい時間がかかるのであった。

そう考えると非常に価値ある一皿に思えるのであった(思えないって‥)。
a0065618_16374770.jpg

[PR]
by junkiexxxmt | 2007-08-23 21:04 | 出来事・考え事